前へ
次へ

性別を偽ってSNSでやり取りをしたとき

結婚をするときには出会いが必要でしょうが、学校や職場など直接出会えるケースもあれば結婚相談所を利用するケースもあります。
その他文通は離れている者同士で交流ができる方法の一つで、文通を通じてお互いを信用し合って結婚までいったカップルもいるようです。
今はSNSなどで比較的容易に出会える時もあります。
ある男性はSNSで知り合った女性とSNS上でやり取りをし、相手に好意を持っていました。
やり取り上では相手もこちらを悪く感じていないようで、そのうち実際に会いたいと考えるようになります。
しかしそれを相手に伝えてもなかなか会おうとしてくれず、最終的に相手は実は男だったことを告白してきました。
もしSNSにおいて性別を偽ってやり取りをしたとすると法律上は問題があるかです。
単に性別を偽っただけでは特に何の問題もありません。
しかし偽ったことによって何らかの金品を受ける等があると事情が変わってきます。
性別を理由に金品を贈っていたのであれば、性別を偽ることが問題になるでしょう。

Page Top