前へ
次へ

成年後見人に選任する旨の通知で仕事ができるか

成年後見人の申し立ては家庭裁判所に対して行い、その後色々な手続きによって誰が成年後見人にふさわしいかなどが決定されます。
最終的に決定された内容は成年後見人に選定された人などに裁判所から審判書として届けられます。
この審判書があれば成年後見人としての仕事ができるかです。
家庭裁判所で選定がされて通知された後、家庭裁判所はその内容を法務局に送って登記の手続きを行います。
これは通知された本人が行うわけではありません。
登記が完了するのに2週間ぐらいかかり、実際は登記が完了しないと成年後見人としての仕事をすることはできません。
成年後見人として仕事をするときに必要になってくるのは裁判所から届いた審判書ではなく、法務局から取り寄せる登記事項証明書です。
これから被後見人の代理として行うときには自分が成年後見人である証明をしないと行えないときもあるでしょう。
手続きの相手も登記事項証明書があることで代理人として認め手続きをしてくれます。

Page Top