前へ
次へ

弁護士などが法定後見人に選定される可能性

弁護士は法律資格の中でも最高峰になり、司法試験合格後に司法修習を経ると登録などを経て業務が行えます。
裁判を起こしたいとする依頼があればその依頼に基づいて手続きを行い、時には弁護人となって法廷に立つこともあります。
それ以外に代理人としての役割をすることもあります。
法定後見人になる人としては一般的には親族が多いとされます。
被後見人の子供が申し立てをすればその子供がそのまま選任されることが多いようです。
ただ事情によっては親族以外の人が選任されるケースがあり、弁護士が選ばれるときもあります。
どんな時に弁護士が選ばれるのかを知っておきましょう。
選定においては事前に面談や調査が行われ、後見員としてふさわしいかどうかが確認されます。
親族にふさわしい人がいなければ弁護士が選ばれる可能性が高くなります。
その他被後見人の財産が一般の人よりも多くその管理が大変と判断されれば弁護士などの専門家が選定される可能性があります。

Page Top