前へ
次へ

自己破産をしたら養育費はどうなるか

結婚をして子供ができた時、婚姻関係を続けても離婚をしたとしても子供の父親も母親も変わることはありません。
離婚後に再婚をしたとき、母親の夫となる人が戸籍上父親になることはありません。
表向きはお父さんと呼んでほしいと考えるときもあるでしょうが、なれるのは養父と養子の関係までです。
もし離婚をした時に幼い子供がいるとき、その子供を養うのは離婚をしていても実の父と母です。
しかし離婚をすると両親が一緒に生活をしないのでどちらかが親権を持って子供と一緒に暮らしながら育てます。
親権を持たない方の親は一緒には暮らせませんが、養育費を支払うなどして子供の成長を見守ります。
養育費に関しては離婚をするときに金額などを決めますが、元夫が自己破産をしたときには養育費の支払い義務はどうなるかです。
自己破産をしたとしても養育費の支払い義務が消えることはありません。
ただ支払う能力は大きく下がっているでしょうからそれに応じた支払いに変更してもらうことはできるでしょう。

Page Top